岡山理科大学獣医学部

研究・教員紹介

HOME研究・教員紹介獣医動物衛生学講座中村 翔

中村 翔助教

研究内容

KNDyニューロンの機能解析による生殖内分泌機構の解明

  繁殖が成立するには、視床下部生殖内分泌系によって制御される卵胞発育や排卵といった性腺の活動に合わせて、性に特異的な行動(発情行動)を示すことが重要です。キスペプチンはGnRH分泌を強力に促進する神経ペプチドで、視床下部弓状核に局在するキスペプチンニューロンはニューロキニンBNKB)とダイノルフィンを共発現することからKNDyニューロンとも呼ばれています。私は、KNDyニューロンがGnRH分泌を調節する仕組みや、生殖機能に性差をもたらす脳機能の性分化メカニズムについて研究しています。

 

研究業績

  1. Nakamura S, Ito Y, Yamamoto K, Takahashi C, Dai M, Tanahashi M, Uenoyama Y, Tuskamura H, Oishi S, Maeda K-I, Matsuda F. SB223412, a neurokinin-3 receptor-selective antagonist, suppresses testosterone secretion in male guinea pigs. Theriogenology. 102: 183-189. 2017.
  2. Nakamura S, Wakabayashi Y, Ohkura S, Yamamura T, Matsuyama S. A neurokinin 3 receptor-selective agonist accelerates pulsatile luteinizing hormone secretion in lactating cattle. Biol Rep. 97:81-90. 2017.
  3. Nakamura S, Uenoyama Y, Ikegami K, Dai M, Watanabe Y, Takahashi C, Hirabayashi M, Tsukamura H, Maeda K-I. Neonatal kisspeptin is steroid-independently required for defeminisation and peripubertal kisspeptin-induced testosterone is required for masculinisation of the brain: a behavioural study using Kiss1 KO rats. J Neuroendocrinol: 28:jne.12409. 2016.
研究・教員紹介にもどる