岡山理科大学獣医学部

研究・教員紹介

HOME研究・教員紹介医獣医連携獣医学分野

医獣医連携獣医学分野

獣医学における臨床分野は高度・多様化しており、動物種や分野の垣根を超えた様々な知識の取得およびチーム医療による個々の専門性の連携が必要となってきています。また、動物のみを対象とするのではなく、医学と獣医学は共通であるとの認識に立ち、医学などとの橋渡しとなる研究や教育の必要性も社会的に求められています。

こういった背景に応えられる教育・研究体制を整えるため、岡山理科大学獣医学部はOne World – One Health(世界は一つ、健康も一つ)/One Medicine(医学は一つ)を基本コンセプトとしています。本学部の臨床分野は、名目としては小講座を設置していますが、医獣医連携獣医分野という大きな一括りの大講座として存在しています。教育は一つの科目に対し、複数の教員がそれぞれの専門性を生かして担当し、多角的な視野からの説明をふまえた充実した授業を提供します。また研究分野においても、それぞれの教員の得意分野を生かして、医学、基礎および応用獣医学および獣医保険看護学分野などとの連携プロジェクト研究を実施し、よりレベルの高い研究を実施するように努めていきます。

 

拠点となる獣医学教育病院棟より

猫の尿管結石による重度の水腎症

生体モニタと輸液ポンプ

 

 

 

 

 

 

犬の頭部のMRI画像

猫の悪性神経鞘腫の腫瘍細胞

獣医学教育病院棟より来島海峡を望む

担当講義・実習

臨床科目

[アドバンスド科目]  臨床科目

研究・教員紹介にもどる