岡山理科大学獣医学部

研究・教員紹介

HOME研究・教員紹介医獣医連携獣医学分野岡村 泰彦

岡村 泰彦教授

学位
博士(獣医学)

専門分野

軟部外科
腫瘍外科

研究分野

化学療法
機能再建外科
腫瘍診断

研究内容

キサンチン誘導体の抗腫瘍効果の検討
液体窒素処理自家骨を用いた機能温存手術法の開発
新規腫瘍マーカーの有用性の検討

研究業績

  • Okamura, Y, Heishima, K, Motegi, T, Sasaki, J, Goryo, M, Nishida, H, Tsuchiya, H, Katayama, M, Uzuka, Y: Mandibular Reconstruction by Using a Liquid Nitrogen-Treated Autograft in a Dog with an Oral Tumor. J Am Anim Hosp Assoc. 53:167-171. 2017.
  • 岡村泰彦, 泉谷宗蔵, 宮崎あゆみ, 片山泰章, 宇塚雄次: 慢性的な皮膚欠損に対し大網転移術を実施した猫2例. 動物臨床医学 24:172-175. 2015.
  • Motegi, T, Katayama, M, Uzuka, Y, Okamura, Y: Evaluation of anticancer effects and enhanced doxorubicin cytotoxicity of xanthine derivatives using canine hemangiosarcoma cell lines. Res. Vet. Sci.  95:600-605. 2013.
  • 島田真紀, 茂木朋貴, 島村俊介, 片山泰章, 宇塚雄次, 岡村泰彦: 低用量経口化学療法を実施した肉腫の犬の3例. 動物臨床医学  22:162-166. 2013.
  • Okamura, Y, Haraguchi, T, Morimoto, M, Okuda, M, Une, S, Nakaichi, M, Taura, Y: Expression of a tumor-associated antigen, RCAS1, in canine mammary tumors. J. Vet. Med. Sci.  66:651-658. 2004.
研究・教員紹介にもどる