岡山理科大学獣医学部

研究・教員紹介

HOME研究・教員紹介形態学講座 Laboratory of Veterinary Anatomy五十嵐 瞳

五十嵐 瞳助教

研究内容

マウス胚体外内胚葉の形態形成に関する研究

キーワード:マウス、胎盤、臓側内胚葉、壁側内胚葉

テーマ説明:マウスの発生の初期段階では,胎子は二重の膜組織である胚体外内胚葉(臓側内胚葉、壁側内胚葉)に包まれており,胚体外内胚葉を通して母体との間で物質交換を行います.胚体外内胚葉の形成機構について研究を行っています.

研究業績

  1. Igarashi H, Uemura M, Hiramatsu R, Hiramatsu R, Segami S, Pattarapanawan M, Hirate Y, Yoshimura Y, Hashimoto H, Higashiyama H, Sumitomo H, Kurohmaru M, Saijoh Y, Suemizu H, Kanai-Azuma M, Kanai Y. Sox17 is essential for proper formation of the marginal zone of extraembryonic endoderm adjacent to a developing mouse placental disk. Biol Reprod 2018.
研究・教員紹介にもどる