岡山理科大学獣医学部

研究・教員紹介

HOME研究・教員紹介形態学講座 Laboratory of Veterinary Anatomy九郎丸 正道

九郎丸 正道教授

研究内容

東京大学、日本大学などと共同研究を行いながら,次のテーマで研究を進めています.

季節繁殖動物を用いての精子発生機構の解析

キーワード:精子発生、季節繁殖動物

動物の精子発生機構について,形態学的観点から研究に取り組んでいます.哺乳類に限らず,鳥類,爬虫類も含めた多くの温帯地域に棲息する動物が季節繁殖を行っています.実験室内で繁殖可能な唯一の季節繁殖性の哺乳類であるハムスターに加えて,コウモリやヘビ類などの精子発生の季節変化の解析を行ってきています.

研究業績

  1. Sato T, Aiyama Y, Ishii-Inagaki M, Hara K, Tsunekawa N, Harikae K, Uemura-Kamata M, Shinomura M, Zhu XB, Maeda S, Kuwahara-Otani S, Kudo A, Kawakami H,Kanai-Azuma M, Fujiwara M, Miyamae Y, Yoshida S, Seki M, Kurohmaru M, Kanai Y. Cyclical and patch-like GDNF distribution along the basal surface of Sertoli cells in mouse and hamster testes. PLoS One 6(12): e28367, 2011.
  2. Kurohmaru M, Hattori S, Hayashi Y. Seasonal changes of spermatogenesis and ultrastructural changes of spermatids during spermiogenesis in the habu, Trimeresurus flavoviridis. In: Problem snake management: Habu and brown tree snake examples (Rodda GH, Sawai Y, Chiszar D, Tanaka H. eds.) Cornell University Press, New York, pp. 81-88, 1999.
研究・教員紹介にもどる