岡山理科大学獣医学部

研究・教員紹介

HOME研究・教員紹介実験動物管理講座(Laboratory Animal Science and Technology)

実験動物管理講座(Laboratory Animal Science and Technology)

「実験動物福祉を科学する」をテーマに、正しい実験動物の取り扱いや研究手法の習得を目指し、創薬や先端生命科学の分野で活躍できるライフサイエンスの担い手(VPP:獣医関連専門家)を養成します。経験豊富な教員が講義、自主ゼミ等を通じ、また日本でも数少ない高度技術者資格受験特例認定校である強みを生かし、在学中の実験動物技術者資格の取得に導きます。

担当講義・実習

教授  大和田一雄(医学博士) (動物福祉論、生命倫理学、生命関連法規、他)
准教授 小野文子 (博士(農学)) (動物関連キャリア概論、動物看護学概論、他)
准教授 古本佳代(博士(健康科学)) (実験動物飼養管理学、他)
助教  野原正勝(博士(応用生命科学))(実験動物学、他)

メッセージ

実験動物学はライフサイエンス研究の基盤であり、その研究を支えるのは先端技術を身につけた技術者たちである。その様な背景のもと、この度本学にVPPという国際的概念に基づく獣医関連専門家を養成する課程が設立された。新たな発想のもとに設立されたこの学園で、ともに学び、ともに語らい、ともに未知の分野に挑戦しよう。世界に飛躍する有為な人材を輩出できることを楽しみにしつつ、今治の地で探求心と好奇心に満ち溢れた学生諸君を待っている。

配置

獣医学教育病院棟3階 314, 315, 316

研究・教員紹介にもどる