岡山理科大学獣医学部

研究・教員紹介

HOME研究・教員紹介医動物学講座 Laboratory of Parasitology林 慶

林 慶助教

学位
博士(獣医学)

研究分野

獣医寄生虫学(吸虫、条虫)、進化、分子系統学、分子生物学

研究内容

キーワード: 

寄生虫にとって宿主は無くてはならない存在です。その長い進化の歴史の中で、寄生虫は宿主の進化に合わせて自らも進化し、宿主の移動に伴って分布を広げてきました。私は、文字通り宿主に寄り添って生きてきた寄生虫の歴史と、その大胆な生存戦略を探る試みをしています。具体的には、宿主動物の進化や移動といった生物地理学的な現象が寄生虫の分布や個体群に与えた影響について、肝蛭や槍形吸虫などをモデルとした分子系統学的手法を用いて解析しています。また、吸虫類や条虫類の宿主体内での動きや病態メカニズムについて、宿主との共進化や寄生虫の生存戦略という視点で研究を行っています。

研究業績

  1. Hayashi K., Ichikawa-Seki M., Ohari Y., Mohanta UK., Aita J., Satoh H., Ehara h., Tokashiki M., Shiroma T., Azuta A., Oka N., Watanabe T., Harasawa R., Inohana S., Ichijo T., Furuhama K. 2017. First detection of Allobilharzia visceralis (Schistosomatidae, Trematoda) from Cygnus cygnus in Japan. Parasitol. Int. 66: pp.925-929.
  2. Hayashi K., Tang WQ., Ohari Y., Ohtori M., Mohanta UK., Matsuo K., Sato H., Itagaki T. 2017. Phylogenetic relationship between Dicrocoelium chinensis populations in Japan and China based on mitochondrial nad1 gene sequences. Parasitol. Res. 116: pp.2605-2609.
  3. Hayashi K., Ichikawa-Seki M., Mohanta UK., Singh ST, Shoriki T., Sugiyama H., Itagaki T. 2015. Molecular phylogenetic analysis of Fasciola flukes from eastern India. Parasitol. Int. 64: pp.334-338.
研究・教員紹介にもどる