岡山理科大学獣医学部

研究・教員紹介

HOME研究・教員紹介獣医生化学講座田中 良法

田中 良法助教

学位
博士(獣医学)
https://researchmap.jp/261hintonway/
https://www.researchgate.net/profile/Yoshinori_Tanaka

専門分野

分子神経病理学

研究分野

TDP-43プロテイノパチー

細胞内分解機構

小胞輸送

研究内容

加齢に伴い発症する神経変性疾患では、病因となるタンパク質が凝集・蓄積することが病気の進行と密接に関係しています。多くの筋萎縮性側索硬化症(ALS)及び半数近くの前頭側頭葉変性症(FTLD)では、核タンパク質TDP-43を主要構成成分とする不溶性の凝集体が細胞質に蓄積します。これらの疾患では、TDP-43の蓄積が神経変性に作用することから、TDP-43プロテイノパチーという概念で包括され、 臨床的及び病理学的に連続性を有する疾患として認識されています。我々は、TDP-43の凝集がいつ、どのように始まるのかを明らかにすることで、疾患の予防、診断及び治療に貢献したいと考えています。具体的には、以下のテーマを中心に研究しています。
・TDP-43プロテイノパチーモデルの作成
・TDP-43プロテイノパチー発症機序
・オートファジー・リソソーム系の制御機構
・老化と小胞輸送

研究業績

  1. Tanaka Y, Suzuki G, Matsuwaki T, Hosokawa M, Serrano G, Beach TG, Yamanouchi K, Hasegawa M, Nishihara M. Progranulin regulates lysosomal function and biogenesis through acidification of lysosomes. Hum Mol Genet., 26(5):969-988, 2017
  2. Tanaka Y, Nonaka T, Suzuki G, Kametani F, Hasegawa M. Gain-of-function profilin 1 mutations linked to familial amyotrophic lateral sclerosis cause seed-dependent intracellular TDP-43 aggregation. Hum Mol Genet., 25(7):1420-33, 2016
  3. Tanaka Y, Chambers JK, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M. Possible involvement of lysosomal dysfunction in pathological changes of the brain in aged progranulin-deficient mice. Acta Neuropathol Commun., 15, 2, 78, 2014
  4. Tanaka Y, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M. Increased lysosomal biogenesis in activated microglia and exacerbated neuronal damage after traumatic brain injury in progranulin-deficient mice. Neuroscience., 250, 8-19, 2013
  5. Tanaka Y, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M. Exacerbated inflammatory responses related with activated microglia after traumatic brain injury in progranulin deficienct mice. Neuroscience., 231, 49-60, 2013
研究・教員紹介にもどる