岡山理科大学獣医学部

研究・教員紹介

HOME研究・教員紹介獣医生理学講座汾陽 光盛

汾陽 光盛教授

研究内容

視床下部が下垂体前葉に向けて放出するホルモンに性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)があります。系統発生学的に非常に古いホルモンで、視床下部も下垂体も持たないホヤやタコにも発現しています。実際、哺乳類でも視床下部以外の様々な末梢組織でGnRHの発現が見られますが、その機能はよく分かっていません。私は、GnRHがアネキシンA5というタンパク質合成を特異的に促進することを発見して以来、アネキシンA5を手がかりにGnRHの下垂体での作用機序に加えて、末梢での働きを研究しています。原始的なペプチドホルモンが重要な生理的役割を担っていることが明らかになりつつあります。

 

Picture of GnRH neuron
視床下部のGnRHニューロン。GnRHプロモーターにEGFP(緑色蛍光タンパク質)遺伝子をつないだコンストラクトを導入したトランスジェニックラットの視床下部横断面。GnRHニューロンが緑色蛍光を発している。

 

研究業績

  1. Duangjai Rieanrakwong, Titaree Laoharatchatathanin, Ryota Terashima, Tomohiro Yonezawa, Shiro Kurusu, Yoshihisa Hasegawa and Mitsumori Kawaminami. Prolactin suppression of Gonadotropin releasing hormone initiation of mammary gland involution in rats. Endocrinology 57(7) 2750-8. 2016.
  2. Laoharatchatathanin T, Terashima R, Yonezawa T, Kurusu S, Kawaminami M. Augmentation of Metastin/Kisspeptin mRNA Expression by the Proestrous Luteinizing Hormone Surge in Granulosa Cells of Rats: Implications for Luteinization. Biol Reprod. 2015 Jul;93(1):15. doi: 10.1095/biolreprod.115.127902. 2015.
  3. Ueki H, Mizushina T, Laoharatchatathanin T, Terashima R, Nishimura Y, Rieanrakwong D, Yonezawa T, Kurusu S, Hasegawa Y, Brachvogel B, Pöschl E, Kawaminami M. Loss of maternal annexin A5 increases the likelihood of placental platelet thrombosis and foetal loss. Sci Rep. 2:827. 2012.
  4. Kawaminami M, Shibata Y, Yaji A, Kurusu S, Hashimoto I. Prolactin inhibits annexin 5 expression and apoptosis in the corpus luteum of pseudopregnant rats: involvement of local gonadotropin-releasing hormone. Endocrinology. 144(8):3625-31. 2003.
研究・教員紹介にもどる