岡山理科大学獣医学部

研究・教員紹介

HOME研究・教員紹介人獣共通感染症講座鍬田 龍星

鍬田 龍星准教授

学位
博士(農学)
Researchmap: https://researchmap.jp/rkuwata/

研究分野

 人獣共通感染症、ウイルス、衛生動物

研究内容

・ 人獣共通感染症の疫学・分子生物学
・ 節足動物媒介感染症の疫学・分子生物学
・ 病原微生物、媒介節足動物の生態調査 など

ウイルスや細菌などの病原微生物が引き起こす感染症のうち、動物-ヒトを行き来する人獣共通感染症(ズーノーシス)を研究しています。近年、動物とヒトの距離が近くなったことや、病原微生物の診断技術が向上したことなどにより、世界には様々な人獣共通感染症が存在し、我々、人間社会の大きな脅威となっていることが明らかになってきました。これら人獣共通感染症の病原微生物が、野外で実際にどのように維持され、ヒトや動物に対してどれ位の感染リスクがあるかを明らかにすることにより、その予防・対策に資する研究を行っています。また、培養細胞や実験動物等を用いて、病原性の評価や、病原微生物の感染メカニズムの解明に向けた分子生物学的研究も行っています。

 

研究業績

1. Kuwata et al. (2018) Getah virus epizootic among wild boars in Japan around 2012. Archives of virology 163(10), 2817-2821.
2. Kuwata et al. (2015) Isolation of Japanese encephalitis virus and a novel insect-specific flavivirus from mosquitoes collected in a cowshed in Japan. Archives of virology 160(9), 2151-2159.
3. Kuwata et al. (2015) Analysis of mosquito-Borne flavivirus superinfection in Culex tritaeniorhynchus (Diptera: Culicidae) cells persistently infected with Culex flavivirus (Flaviviridae). Journal of Medical Entomology 52(2), 222-229.
4. Kuwata et al. (2013) Surveillance of Japanese encephalitis virus infection in mosquitoes in Vietnam from 2006 to 2008. The American journal of tropical medicine and hygiene 88(4), 681-688.
5. Kuwata et al. (2012) Establishment and characterization of a cell line from the mosquito Culex tritaeniorhynchus (Diptera: Culicidae). In vitro cellular & developmental biology. Animal 48(6), 369-376.

研究・教員紹介にもどる