獣医学部の新型コロナウイルス感染症への対応

HOME > 獣医学部の新型コロナウイルス感染症への対応

1月12日 感染予防の徹底について

獣医学部学生の皆さんへ

オミクロン株による感染が拡大している期間は、愛媛県からの要請に基づいて次の事項を守ってください。これらは新型コロナウイルス感染症対策学生用ガイドライン今治版(令和3年11月26日付)よりも優先しますので、ガイドラインの内容に関わらず守るようにしてください。

  1. 当面の間、飲食店でのアルバイトは控えてください。
  2. 学内での昼食時は黙食を守ってください。
  3. 会食は控えてください。人を招いての宅飲み、パーティー、バーベキューを含みます。
  4. 県外への往来や来県者との接触はできるだけ控えてください。来県者はワクチン接種の確認や検査陰性の確認を推奨します。
  5. 発熱や咳などの風邪症状がある場合は登校を控えてください。Mylogで報告してください。講義・実習は自己都合によらない欠席となります。
  6. サークル活動等で学外での交流活動は控えてください。


1月5日 感染予防の徹底

獣医学部学生の皆さんへ

新型コロナウイルスのオミクロン株による感染の爆発的増加が予想されます。そこでクラスターの発生を防ぐために以下の項目を守るようにしてください。

  1. 不織布マスクを着用し、手指をアルコール消毒し、3密を避けてください。
  2. 実習時の会話は小声で行い、不必要な会話を控えてください。
  3. 複数人で昼食を取る際は黙食を守ってください。
  4. 会食はできるだけ控えてください。どうしても会食する際は4人以下とし、マスクを着用してください。
  5. 発熱、咳、頭痛、嗅覚・味覚の異常等がある場合は登校を控え、mylogで報告してください。

なお、秋2学期の5~8週の講義・実習は1~4週と同じ形態とすることとしていますが、愛媛県での感染拡大状況により分散対面・遠隔での実施に変更します。


12月20日 年末年始の注意事項

獣医学部学生の皆さんへ

世界的に新型コロナウイルスのオミクロン株が流行の主流になり、国内でもオミクロン株の感染者が徐々に報告されています。オミクロン株の感染力は非常に強く、今後市中感染により感染者数が急激に増えることが懸念されます。
年末年始の公共交通機関を利用する移動、複数人との会食、イベントへの参加、込み合う場所の立ち寄りは感染のリスクがありますので、十分に注意してください。1月に大学に戻ったのちに発熱、頭痛、咳、味覚・嗅覚の異常、その他の体調不良があれば、mylogを介して自分の体調を必ず報告し、登校を控えてください。


12月11日 年末年始の留意事項について

獣医学部学生の皆さんへ

新型コロナウイルスの感染者数が全国的に減少していますが、新たにオミクロン型が国内で初めて確認され、今後の動向が注目されます。年末年始は会食の機会があると思いますので、次の事項に留意するようお願いします。

  • 感染防止対策が徹底されている店を利用する(換気が適切になされているなどの工夫をしている、ガイドライン*を遵守したお店で。)
    ※飲食店を選ぶ際のポイント:座席の間隔の確保、従業員のマスクの着用、消毒液の設置、換気の徹底
  • 少人数・短時間での会食とする(一テーブル4人以内)
  • なるべく普段一緒にいる人あるいは感染リスクの高い行動のない人と(参加者の2週間以内の行動歴を確認)(参加者全員の連絡先を把握)
  • 少しでも体調に異常があれば出席しない、させない。
  • 食べるときだけマスクを外し、会話の時はマスク着用。
  • 大声を出したり、羽目を外したりせず、深酒・はしご酒などはひかえ、適度な酒量とする。自宅等飲食店以外での会食も同様に注意
  • 箸やコップは使い回わさず、一人ひとりで。
  • 座の配置は斜め向かいにして正面や真横はなるべく避ける。(食事の際に、正面や真横に座った場合には感染したが、斜め向かいに座った場合には感染しなかった報告事例があります。)
  • 飲食店の不特定多数を集め、混雑が想定される催しには参加しない。

11月26日 新型コロナウイルス感染症対策 学生用ガイドラインの改定について

獣医学部学生の皆さんへ

新型コロナウイルス感染症の発生状況に合わせて新型コロナウイルス感染症対策 学生用ガイドラインを改定しましたので、お知らせいたします。
ガイドラインを遵守して引き続き感染予防に努めてください。


11月19日 アクティブ・サーベイランスの終了

獣医学部学生の皆さんへ

新型コロナウイルス感染症への対策として実施してきましたアクティブ・サーベイランスはその役割をほぼ終えましたので、本日をもって終了します。明日からは「健康状態の連絡」として、体調が悪い場合に連絡ができる仕組みをmylogでのアンケート形式で継続します。新型コロナウイルス感染にかかわらず、体調が悪いときに連絡してください。状況に応じて健康管理室でフォローアップします。


8月6日 追記 夏休みの過ごし方について

獣医学部学生の皆さんへ

新型コロナウイルスデルタ株の感染性は非常に高く、想像を超える勢いで感染者数が増加しています。これまでの感染予防対策だけでは確実に感染を防ぐことが難しくなっています。新型コロナウイルス感染症対策学生用ガイドライン今治版(8月5日改訂)を遵守し、不要不急の外出を避けてください。
特に次の行為は感染の危険性が高いため、控えてください。

  1. 外出時に人込みに入ること
  2. 普段会わない友人や知人に会うこと
  3. 飲食店等において複数人で食事中に会話すること
  4. 飲食店等でのアルバイト

7月6日 追記

獣医学部コロナウイルス対策感染管理部は6月19日以降の首都圏における新型コロナウイルス感染者数の動向に基づき、また愛媛県の6月30日の要請に準じて、本日から埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県を移動を制限する自治体とします。これらの都県への移動はできるだけ控えてください。

やむを得ずこれらの都県に行く場合は、

  1. 教学・学生支援課に届け出てください。
  2. 今治市(居住している市町村)に戻った翌日から7日間はアパート(自宅)での観察期間として出勤しないでください。
  3. 移動及び自宅待機中に必ず毎日Mylogで健康状態の報告を行ってください。
  4. 常に6月2日に配付したガイドラインを守ってください。

近親者等の来訪者が埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県から来た場合、本人は来訪者が戻った翌日から7日間はアパート(自宅)での観察期間として出勤しないでください。その間も必ず毎日Mylogで健康状態の報告を行ってください。


獣医学部の新型コロナウイルス感染症への対応

6月19日から都道府県境を越える移動の自粛が解除され、愛媛県も感染縮小期に移行したことから、ガイドラインで示した他県への移動の制限を6月22日に解除しました。

ところが、東京都では6月の週ごとの1日平均感染者数が21人から48人に漸増しています。

6月19日に種々の自粛が解除されて10日程度経過したこの状況は、3月の3連休から10日ほど経過した時の感染者数の動向と似ています。

このような状況から、愛媛県知事より東京および首都圏への旅行や出張は必要性を十分に精査し、出張については代替手段を実施することが依頼されています。

東京を含む首都圏に出張される際には接待を伴う飲食(キャバクラ、ホストクラブなど)のみならず、夜の繁華街(居酒屋など)や会食、カラオケでの歌唱などを自粛していただきますよう、お願いいたします。さらに、これまでにクラスターが発生した事例を示します。ここに示した場所は避けていただき、今一度ガイドラインを読み直し、守ってください。

また、出張中と今治に戻ってからは、3密を避ける、手指を頻繁に消毒する、マスクを着用するといった感染予防を徹底するとともに、Mylogでの健康チェックをお願いします。

今後の感染者数の状況によっては、国あるいは首都圏の自治体による制限の有無にかかわらず、東京を含む首都圏への移動を制限する可能性があります。

クラスターが発生した事例

  • 歌(ライブハウス、カラオケ、合唱団)
  • 運動(スポーツジム、卓球スクール)
  • 飲食?と会話(飲食店、ホストクラブ、ライブバー、懇親会、展示会)
  • 感染者との接触機会(医療機関、福祉施設での面会)

岡山理科大学 今治版 新型コロナウイルス感染症対応教職員用ガイドライン(2021/8/6改定)

岡山理科大学 今治版 新型コロナウイルス感染症対応教職員用ガイドライン(2020/11/30改訂)

4月7日時点の獣医学部の新型コロナウイルス感染症への対応

© 2021 OKAYAMA UNIVERSITY OF SCIENCE